ジョブカフェ いわて・カシオペア

お気軽にご相談ください/0195-43-3038/平日:10:00~17:00

国内有数のブロイラー産地・二戸地域。ここで東日本第一の生産規模を誇る「十文字チキンカンパニー」は地域のリーディングカンパニー。人・動物・環境の健康を考えるを基本理念に、卵から鶏肉までの自社一貫生産体制のもと、全国の食卓へ安心・安全で美味しい鶏肉を届けています。主力銘柄鶏「菜彩鶏」は抗生物質を与えず育てたヘルシーチキンです。

十文字インタビュー仕事風景

株式会社十文字チキンカンパニー 田畑大貴さん (25歳)

大学では応用生物化学を専攻し、植物から食品まで幅広く学ぶ機会を得ました。卒業後は漠然と食品関係を志望しており、その時に企業合同説明会で「十文字チキンカンパニー」に出会ったんです。志望する食品関連企業が地元にあったという発見と、僕たち若い世代と一緒に仕事をしたいという思いが採用側からも感じられ、とても感動しました。
入社後半年間の農場での研修を経て、現在は管内の担当農家さんを巡回しながら飼育サポートや指導などを行っています。農場はそれぞれに飼育の考え方が違うし、鶏舎の設備や環境もいろいろ。現場ではきちんと話を聞いて、先輩とも相談しながらベストな方法を探っていかなくてはなりません。最初の1、2年は知識も少なくて先輩に頼っていましたが、やっと自分の中の引き出しが増えてきたところです。当社が扱うのは人の口に入るものだから、出荷まで健康に育てたいという気持ちは鶏を育てる農家さんと同じ。今の鶏は品種改良が進み、体は大きくなるけど飼育が難しい面もあるので、一緒に考えて取り組んだ方法でいい個体が出来た時は、本当に嬉しいんです。
今の目標は、農場の方と協力しながら、毎回無事に鶏を出荷すること。ここで経験を重ねて、将来的には大学時代に少しだけ取り組んだ品質管理や品質検査の仕事もしてみたい。そのためにはまだ未経験の、工場の現場を知る必要があります。幸い周りには多くの先輩や仲間たちがいて手助けをしてくれますから、自分のやってみたい仕事にもチャレンジしていきたいと考えています。

Q.学生の時と社会人で一番違うと感じたのは?

学生時代は正直「社会人の責任」はピンときていなかった。でも入社してみると自分一人が抜けるだけで仕事が回らなくなることを知り、これが責任なんだと痛感しました。与えられた環境の中で「役割」を果たすこと、そういう自覚は社会人になってから生まれました。

Q.入社して驚いたこと、苦労したことはある?

農場研修では、出荷間際は毎回忙しくて睡眠時間を削ることもあって大変でした。ちなみに鶏はひなから出荷までの50日〜60日を1回転と数えますが、この1回転が農場にとっては大きな勝負。その苦労と達成感を間近で見られた経験は、今の仕事をする上でも大きかったです。

Q.学生時代にやっておいた方がいいと思うことは?

勉強でも遊びでも、広くいろいろなところへ足を運んで経験しておくこと。人付き合いが増えれば自分自身の人間性の幅も広がるから、飼育方法や出荷など実際に農場の人と気持ちをひとつに合わなければいけない場面では、学生時代に拡げた視野や経験が武器になると思いました。

Q.二戸地域のいいところ、休日の過ごし方を教えて!

新幹線の駅もありアクセスもいい。個人経営のユニークな飲食店も多く、時間を見つけては覗きにいきます。盛岡での大学時代には友人とバンドを組んでドラマーをしていたのですが、ここ二戸でも仲間を見つけて演奏を楽しんでいます。ライブも計画中なんですよ。

ドリーム_チキン

企業DATA

企業名 株式会社 十文字チキンカンパニー
所在地 岩手県二戸市石切所字火行塚25(本社)
電話番号 0195-23-3377
ホームページ http://www.chicken.co.jp
代表者 代表取締役 十文字 保雄
従業員構成 1,451名(正規1,362名/非正規89名) 男女比(男475名/女976名)
勤務時間 8:00~17:10
休日・休暇 年間休日 105日(稼動カレンダーによる)
福利厚生 産休、育休、財形貯蓄制度、企業年金制度、介護休暇等
採用実績
H28 H27 H26
高卒  32人  20人 29人
専門・短大・大卒  5人  2人  3人
中途  1人  0人  0人
十文字チキンカンパニー

 -